借地権の種類

自分たちがこれから生活していくための家を探している中で一般的な住宅ではなく、借地権付きという住宅を見つけることがあります。
この借地権というのはその文字の通り、土地を借りると言う権利のことを言いますが、借地権付きの住宅を選んでしまうと土地を借りることになるため、最終的には返さなければならず、貸主との間に様々なトラブルが生じたり、最終的には自分たちのものにならないといった理由から選ばないという人もいるようです。

しかし借地権には実際にいくつかのメリットがあり、それぞれのメリットを有効活用することによって、非常に長い期間借りた土地で生活をすることができます。
借地権にはいくつかの種類があり、普通借地権と定期借地権、それから旧借地権という三つに分かれています。
それぞれの権利によって契約期間や契約の更新などについての違いがあるのですが、借地権の基礎をしっかりと知っておくことにより、今後自分たちが家探しをする際にごく普通に土地と家を購入するよりもはるかに安い価格で購入することができます。


土地そのものまでどうしても自分たちのためにならなければ嫌だというのであれば仕方がありませんが、土地は自分たちの何がなくても上物を建てて、自分たちが満足するまで長年生活をすることができるのであれば良いといった考えであれば、借地権付きの家を探しても良いでしょう。

前述の通り土地からゼロの状態で自分たちがお金を支払って購入するよりもリーズナブルになるため、経済的なコストを抑えることができます。


▽特選サイト
普通借地権と定期借地権、それから旧借地権などについて無料で相談が出来るサイトです ⇒ ⇒ 借地権無料相談サイト

Copyright © 2014 借地権の基礎 All Rights Reserved.